尾山神社(国指定重要文化財)


oyama-shrine-x

由緒ある神社に、なぜ、ギヤマンのストンドグラスが?

尾山神社は、明治6年に建設され、加賀藩主「前田利家」と、正室「お松の方」が祀られている神社です。 人生の節目の行事には、尾山神社で参拝する事が当たり前の様に、地元の人達から親しまれています。

oyama-shrine-1a

由緒ある神社なのに、なぜ、神門の上層部にステンドグラスがはめ込まれているの?
教会のような佇まいなのに、神社なの?って声を、よく耳にします。
これには、様々な説がありました。

  • 前田家の威光(威光)を象徴するような建築物をつくろう!という人々の意気込みの表れ。伝統を守りつつも、新しいものを柔軟に取り入れていく金沢人の気風や美意識の表れ(尾山神社宮司、談)
  • 5色の色ガラスがはめられたのは、金沢港を出入りする船の灯台の役割を果たしていた為。
  • 減少した参拝客確保のためにこのような奇抜な神門が建てられた。

この様な説があるようです(o˘◡˘o)参拝客を確保の為であるとすれば、先人の発送は素晴らしく、今では、尾山神社は金沢市のシンボル的存在なので、大成功と言った所ではないでしょうか。。。

oyama-shrine-g

 

日本最古の避雷針

oyama-shrine-c

oyama-shrine-d
神門(国指定重要文化財)
明治8年に建てられた神門は、和漢洋の三様式を混用しためずらしい造りになっています。明治初期に建てられた数少ない擬洋風建築で、国の重要文化財に指定されています。
先端につけられている避雷針は日本最古のものといわれています。

 

oyama-shrine-e

oyama-shrine-f
拝殿
中央天井は格天井作りで、各門毎に岩絵具による、うどんげの花が描かれ、欄門は一枚板に梅花紋が彫刻されています。どちらも、旧金谷御殿から移築したものです。極彩色でとても美しいです。

 

境内の中に入ってみましょう

境内の中はとても広く、前田利家公の像や、2代目藩主 前田利長公や正室 お松の方さまをお祀りした金谷神社、27年秋に建てられた授与所。
また、県指定名勝の神苑は、古代舞楽の楽器を模した地泉廻遊式の名園で中を散策する事も出来ます。

oyama-shrine-b

oyama-shrine-i
拝殿
屋根は入母屋造屋根瓦葺つくりで、中央天井は格天井作りで各間毎に岩絵具による極彩色のうどんげの花が美しく描かれています。欄間は約八寸厚の欅の一枚板に見事な梅花紋を透彫にし、極彩色の華麗な彫刻が施されています。

 

oyama-shrine-1coyama-shrine-1d
授与所
平成27年秋に完成した授与所です。内では、金沢城など市内の観光地の四季の風景を映し出すディスプレイを設置してあります。今までの授与所が手狭になったため、新しく造ったそうです。

 

oyama-shrine-n
淋子紅梅
前田利家公・入城400年の記念献木で、春先になるとピンクの可愛い花をさかせます。

 

oyama-shrine-1b
前田利家公の像
織田信長公に仕えた青年時代は、赤母衣衆として従軍しました。槍の名手だったため“槍の又左”の異名をもって敵軍に怖れられました。

 

oyama-shrine-o
利家公の金鯰尾兜

 

oyama-shrine-p
お松の方の像
前田利家公の正室で、学問や武芸をたしなむ才能豊かな女性であったと伝えられています。実母が利家公の母の姉で、利家公とは従兄関係であり、利家公亡き後は、芳春院と号しました。

 

oyama-shrine-j
意味は分かりませんが、蓮の葉に金の蛙がついていました。モダンな神門の作りに合ったオブジェだったので撮ってみました。

 

oyama-shrine-k

oyama-shrine-l
この石に触れると健康になれると言われています。

 

oyama-shrine-1e

oyama-shrine-m
金谷神社
二代藩主前田利長公をはじめ三代から十七代までの藩主、当主と正室(夫人)をお祀りしています。金谷神社を囲むレンガ塀には、前田家の家紋である梅鉢紋が埋め込まれ、この様にレンガを使ったのは、金沢では初の試みだったそうです。

 

県指定名勝の神苑は古代舞楽の楽器を模した地泉廻遊式の名園です

旧金谷御殿の庭園であって、古代舞楽の楽器を模した地泉廻遊式の名園です。神苑の水は、三代藩主利常公の命により完成した辰巳用水の水を高低差を利用して、兼六園から暗渠で導き、響遠瀑から落としていました。現在は、当時の水路が断絶したので、井戸を堀り地下水を池に流しています。

oyama-shrine-q
沢渡り

 

oyama-shrine-r
図月橋

 

oyama-shrine-h
八つ橋

 

oyama-shrine-s
響遠瀑

 

oyama-shrine-t

 

oyama-shrine-u

 

oyama-shrine-w

 

無病息災、家内安全、社業繁栄、合格祈願のご利益有り!

oyama-shrine-z

oyama-shrine-y

ご祈願について
尾山神社の公式サイトにご祈願についての詳細が載っています。
http://www.oyama-jinja.or.jp/pray/

お祓いの時間等の詳細
http://www.oyama-jinja.or.jp/news/

 

■おついたち参り(2~12月の1日)
月のはじめにあたり、無病息災、家内安全、社業繁栄等をお祈りします。
午前6時、7時、8時に行います。

 

■ご祈祷について
お問い合わせ⇒TEL:076-231-7210

  • 初宮詣 一万円より
  • 厄除祈願 本厄 一万円より、前厄 後厄 八千円より
  • 還暦祝い(古希、喜寿、傘寿、米寿祝) 一万円より
  • 安産祈願 八千円より
  • 交通安全祈願(車のお祓い) 八千円より
  • 家内安全、災難除け、合格祈願、病気平癒、神棚祓い、その他諸祈願 八千円より

    おすすめ★★★★☆(4点)
    感想五大老として徳川家康と肩を並べるほどだった前田利家と、正室のお松の方が祀られている神社で、石川県の中で最も有名で人気のある神社です。神門の窓のステンドグラスや、洒落た造りの建物が、観光客の人目を惹くようで、金沢の人気観光スポットともなっています。私のお勧めは、暗くなってライトアップされた尾山神社の景色。なんとも幻想的な姿で感動する事、間違いなしです(^.^)
    住所〒920-0918
    金沢市尾山町11-1
    電話番号076-231-7210
    営業時間9時~17時(授与所)
    定休日無休
    駐車場有り・神社裏手(10台分)。近隣に有料駐車場有。
    料金拝観無料(お祓い各種は別途料金がかかります)
    年中祭事暦(公式サイトより)http://www.oyama-jinja.or.jp/festival/
    ご祈願のご案内(公式サイトより)http://www.oyama-jinja.or.jp/festival/
    アクセス金沢駅から車で5分ほど
    備考ホームページはこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)