金澤月見光路 2016


金澤月見光路2016
今年も開催します!
地域の方々と金沢工業大学の学生が連携して行う金澤月見光路は、今年で13年目を迎えます。

■日時
平成28年10月7日(金)~9日(日)
12時~22時(16日は18時~22時)

■開催地
・川県政記念しいのき迎賓館正面側広場
・金沢21世紀美術館 市役所口(西口)広場
・石浦神社


《会場ではワークショップも行います!》
★あかり小花
会場を彩る小花を作るワークショップを開催します。
日時:15時~22時(7日は18時~)随時受付
場所:金沢21世紀美術館 市役所口(西口)広場内
参加費:無料
★小夜の虹(さよのにじ)
ストラップやペンダントにもなる小さなあかりづくりです。
日時: 17時半~20時半(随時受付)(7日は18時~)
場所:しいのき迎賓館正面広場内テントにて
参加費:200円
※十分数は用意いたしますが、なくなり次第終了いたします。

【金澤月見ゲート2016】
日時:10月8日(土)、9日(日)19時~21時
場所:JR金沢駅もてなしドーム鼓門

月見光路と月見ゲートをつなぐ、ラリーも開催します!
詳細は追ってご連絡します。
皆様、是非会場まで足を運んでみてください(^^)


月見光路は、金沢工業大学の建築科の学生達が金沢市の中心にある広坂商店街およびその周辺地域住民と連携して、金沢市の中心市街地に元気をつけようと、あかりを使って都市空間を幻想的に演出するものです。学生が自ら制作したあかりのオブジェを街の中に多数散りばめ、城下町らしい雰囲気と優雅でゆっくりと楽しめる夜の金沢の演出を行っています。
Viewing-moon-light-path-2014-1a

Viewing-moon-light-path-2014-1b

Viewing-moon-light-path-2014-1c

Viewing-moon-light-path-2014-1d

あかりによって人と人の出会いや感動を生み出し、夜でも安心して歩ける街づくり」を目指し、「あかり庭」や「あかり草木」「あかり山」といった多数のチームによるあかりのオブジェからは無数のあかりが放たれます。

オブジェのデザインは、前年度のデザインを継承しながらも新しい価値を付け加え、毎年アレンジを重ねています。継続的なコンセプトで彩ることで地域への定着を図り、月見光路がより魅力的な地域の特性へと発展していくことを目指しています。


おすすめ★★★★☆(4点)
感想月見光路は、金沢工業大学の建築科の学生達が金沢市の中心にある広坂商店街およびその周辺地域住民と連携して、金沢市の中心市街地に元気をつけようと、あかりを使って都市空間を幻想的に演出するものです。学生が自ら制作したあかりのオブジェを街の中に多数散りばめ、城下町らしい雰囲気と優雅でゆっくりと楽しめる夜の金沢の演出を行っています。
住所
電話番号076-294-6740金沢工業大学 産学連携推進部
営業時間12時~22時(16日は18時~22時)
定休日
駐車場無し(近隣の有料駐車場をご使用下さい)
料金無料(飲食ブースは有料)
開催地・川県政記念しいのき迎賓館正面側広場 ・金沢21世紀美術館 市役所口(西口)広場 ・石浦神社
備考ホームページはこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)