輪島 接吻とんねる(曽々木パワーゾーン)


sosogi-pawear-2b

sosogi-pawear-2a

曽々木ポケットパークの横に閉鎖されているかの様な薄暗いトンネルを見つけました。
数年前に起こった能登の大地震で被災し、通行止めとなった旧トンネルです。
そのトンネルの奥にはパワースポットがある様で、トンネルの雰囲気は古く暗く、何やら怖い気もしましたが、パワーを浴びたい一心で、奥へ奥へと進んで行きました。

sosogi-pawear-2c

sosogi-pawear-2d

sosogi-pawear-2e

sosogi-pawear-2f

人1人が通れる小さな手掘りのトンネルがあり、前へと進んで行きます。

sosogi-pawear-2g

ちょうど中辺りまで来た頃でしょうか…右手に大きな洞窟があり、立て看板にある「福が穴」への入り口へと出てきました。この奥には、「岩窟不動」が鎮座し人々の願いを叶えるため奥に収束した「気」を解き放っていると言われているパワースポットがあります。

sosogi-pawear-2p

手掘りのトンネルをそのまま真っ直ぐ進んで行くと「せっぷんとんねる」が見えて来ました。

sosogi-pawear-2h

sosogi-pawear-2i

輪島せっぷんとんねるは恋人の聖地として選定されています。
「せっぷんとんねる」は昭和32年公開の東宝映画「忘却の花びら」のロケが行われた場所です。主人公(小泉博さん)とヒロイン(司葉子さん)が二人の愛を確かめ合ってこの洞窟でキスをしたんです。それで、「せっぷんとんねる」として一躍有名になったようです。

通り抜けて振り返った時にだけ現れるハートマークの仕掛けがあり、この一帯は多くの修験者たちの人々の幸せへの祈りが込められているため、2人で通れば恋が成就すると言われているようです。

sosogi-pawear-2j

トンネルの中は真っ暗闇です。先の方に見えるかすかな明かりと、携帯の明かりを頼りに、トンネルの先へと進んで行きました。

sosogi-pawear-2k

sosogi-pawear-2l

トンネルを潜り抜け、後ろを振り返ると…どうでしょう(^.^)
ハートのイルミネーションがトンネルの中に光っています。カメラを置く台もあり、記念撮影スポットとなっているようです。

sosogi-pawear-2m

「せっぷんとんねる」を抜けると、遊歩道が見えて来ました。この先に何かあるのかもしれませんが、道が荒れているため、ここで終了とする事にしました。

この辺りでは、冬になると、能登の冬の能登の風物詩「波の花」を見る事が出来ます。11月中旬から2月下旬の海が荒れて波が高い、寒さの激しい日に現れます。海水中に浮遊する植物性プランクトンの粘液が岩にぶつかるたびに空気を含んで白い泡状になります。その泡のことを「波の花」と呼んでいます。

sosogi-pawear-2n

いつか、寒い日に「波の花」を見に、また、ここに訪れたいと思います。

おすすめ★☆☆☆☆(1点)
感想暗いトンネルの先には、通り抜けて振り返った時にだけ現れるハートマークの仕掛けがあり、この一帯は多くの修験者たちの人々の幸せへの祈りが込められているため、2人で通れば恋が成就すると言われているようです。ただ、ハートのイルミネーションが人口的過ぎて、少しガッカリしました。
住所〒928-0206
石川県 輪島市 町野町曽々木
電話番号0768-32-0408
営業時間24時間
定休日なし
駐車場曽々木ポケットパークの駐車場(無料)
必需品懐中電灯
備考ホームページはこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)