まれのロケ地(輪島・珠洲)


NHKの朝ドラ(2015年上半期)「まれ」。
石川県能登地方に家族と移住し育った主人公「津村希」がパティシエを目指して成長してゆく物語。 輪島市に存在すると設定された架空の地域「外浦町」と、横浜市が舞台となって、物語は繰り広げられます。

子供達も、私も「まれ」の大ファン(^.^)
毎日、欠かさず観ています。 地元石川県が撮影場所と言う事で、ロケ地巡りに行って来ました(^^)/

大沢町編

■オープニングに出て来る港(外浦町)■
まれのオープニングに出てくる港町です。輪島市大沢町
magakinosato-wajima-1k

■民宿 桶作■
まれ一家が能登に移住して、最初に住む事になった民宿です。こちらは、普通の民家をお借りしての撮影。撮影が終わった後も、観光客の為に、民宿「桶作」のステッカーを剥がさないでいてくれます。
mare-wajima-roke-1a

mare-wajima-roke-1b

 

■まれ達の幼少時代、子供達の集合場所になった神社
■藍子がお賽銭に100円を入れ、まれと100円を取り戻そうとした神社
■6年振りに帰って来た徹が隠れていた神社
大沢町にあるこちらの神社は、様々なシーンで出て来ました。もともと、ここにお賽銭箱はなかったようです。撮影の為、美術さんが作った物を設置したようです。画像のお賽銭箱は、まれの撮影場所を見学しに来る人達の為に、片付けてあった物を出して設置したようです。時々、間違ってお賽銭にお金を入れる人がいらっしゃるようです…(^.^)
mare-wajima-roke-1c

mare-wajima-roke-1d

mare-wajima-roke-1e

■外浦町役場■
架空の外浦村役場は、元商店の建物を撮影の為に美術スタッフが改装した様です。
上の女性が描かれた絵は、撮影の為に描かれたようで、若き日の桶作文さんとう設定だそうです。
mare-wajima-roke-1f

■子ども広場やぐら■
このやぐらの景色も、ドラマの中で色んな場面に出てきますよね。。。
撮影時は、色んな備品が飾られて、足場もありましたが、撮影後は撤去されました。やぐらのみ、残されたようです。
mare-wajima-roke-1g

■まれが横浜に向かう時に乗ったバスのバス停■
右に見える小さな標識は、外浦村に名前を変えました(^^)/ 藍子が自転車で後を追った時の場面が印象的です。
magakinosato-wajima-1o

 

皆月編

■サロンはる■
mare-wajima-roke-1i

mare-wajima-roke-1h

 

輪島市・輪島朝市編

■まれと圭太が渡った橋■
いろは橋(石川県輪島市鳳至町下町81 (朝市通りの近くです)
mare-wajima-roke-1j

mare-wajima-roke-1k

■父親の仕事で金沢に引っ越した圭太と再会した、圭太が働く輪島朝市の漆器店■
福岡警古堂(石川県輪島市河井町1−88 朝市通り沿い)
mare-wajima-roke-1l

mare-wajima-roke-1m

■高校生のまれが学校行く前にバイトをしていた輪島の朝市■
石川県輪島市河井町(輪島朝市通り沿い)
wajima-asaiti-1c

■オープニングでまれが踊っている砂浜■
琴ヶ浜(石川県輪島市門前町剱地 )
nakisuna-beach-2a

nakisuna-beach-2b

 

珠洲市編

■桶作さんの塩田■
石川県珠洲市清水町1-58-1
mare-wajima-roke-1p

mare-wajima-roke-1o

mare-wajima-roke-1n


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)