恋路海岸


noto-koijikaigan-1a

悲しい恋の物語…。

恋路海岸の海岸名の由来は、この付近であった悲恋伝説によるものから付けられました。
その昔、深い恋仲になった2人の若者が居ました。
愛し合う鍋乃と助三郎。
そんな鍋乃に思いを寄せる恋仇の男の罠のため、助三郎は海の深みにはまって命を落としてしまいました。鍋乃も助三郎の後を追って海に身を投げ死んでしまいました。

この悲しい物語から、恋路海岸と呼ばれるようになりました。
沖に浮かぶ弁天島は、2人が人目を忍んで会っていたと言われています。

恋路海岸から、珠洲の見附島までの3.5キロの海岸線を、「えんむすビーチ」と呼び、縁結びの鐘があります。この鐘をカップルで鳴らすと、その二人には幸せが訪れると言われています。

noto-koijikaigan-1d

毎年7月、海の日の前日に「恋路火祭り」が開催されます

noto-koiji-himaturi-anoto-koiji-himaturi-b

恋人同士の霊を慰めるため、村人がこぞって浜辺にかがり火を焚いたのが始まりとされていて、伝説ゆかりの観音坂を下りてきた大小2本のキリコが威勢よく海の中を練りまわり、この土地独特の油物と呼ばれる仕掛け火も披露され、観衆を喜ばせる。弁天島に設けられた大松明が海を赤く染めて燃えはじめると、若者たちは竹ざおにつけた松明を揺らして、美しい火の輪を描き、恋路という名にふさわしいロマンあふれる世界を演出します。

 

noto-koijikaigan-1e

noto-koijikaigan-1f

noto-koijikaigan-1f

noto-koijikaigan-1g

奥の方に見える小さな島は、鍋乃と助三郎が夜な夜な会っていたとされる弁天島です。干潮時には歩いて渡ることができます。

noto-koijikaigan-1i

noto-koijikaigan-1j

noto-koijikaigan-1k

 

駐車場について

鐘の周りが駐車場となっています。約、20台ほど停められます。無料です。
noto-koijikaigan-1b

おすすめ★★★☆☆(3点)
感想悲しい伝説が伝わる恋路海岸は穏やかな海で、ゆっくりと時間を過ごすことができます。
住所〒927-0601
石川県 鳳珠郡能登町恋路
電話番号0768-62-8532(ふるさと振興課)
営業時間24時間
定休日無し
駐車場有り(無料)鐘の周りが駐車場となっています。
恋路火祭り恋の伝説が残る舞台にふさわしく、幻想的な松明が灯り、勇壮なキリコが練り廻ります。クライマックスには花火も打ちあがります。
トイレ有り。ハートのモニュメントの近くにある休憩所にあります。
備考ホームページはこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ERROR: si-captcha.php plugin: GD image support not detected in PHP!

Contact your web host and ask them to enable GD image support for PHP.

ERROR: si-captcha.php plugin: imagepng function not detected in PHP!

Contact your web host and ask them to enable imagepng for PHP.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)