九十九湾探勝歩道


noto-tukumo-1a

▶▶海の上を歩く遊歩道✨

のと海洋ふれあいセンターの裏側から海の方へ出ると、海の中に遊歩道が出来ていました。
海の上を歩けるなんて素敵過ぎるっ!どこまで続くのか、子供達と探検してみる事になりました(^.^)

tukumo-1g

丸い石で出来た遊歩道をピョンピョン飛びながら渡って行きます。透き通るような美しい海。素敵な景色。どこまでも続く遊歩道。所々、海の中に沈んで渡るのが怖い場所もありますが、ここは冒険と言う事で、小1の息子も勇気を振り絞り頑張って渡ります。見守る私も、海の中に落っこちてしまうんじゃないかと、気が気でなりません…。

tukumo-1h

その先には、素敵な素敵な九十九湾を目の前に観る事が出来ました。

能登半島の東側に九十九湾はあります。海洋自然の保護を目的として設立された「のと海洋ふれあいセンター」の周辺からスタートし、秘密の抜け道のような遊歩道の先には、豊かな自然の形状を利用した浅瀬が広がり、多彩な海の生物と触れ合うことができます。お子様のいる家庭に人気のあるスポットで、夏場は多くのご家族で賑わっています。

マリンシューズと着替えをお忘れなく(◍•ᴗ•◍)
楽しみが広がりますよ~♪♪♪


▶▶九十九湾に生息する生き物達に出逢えます♪

透明度が高く、まるでガラスのような海水。
海の中には、ヤドカリや、ウミウシにヒトデにカニや貝。沢山の小さな海の生き物たちを観察する事が出来ます。

tukumo-1f

tukumo-1i

 

▶▶遊歩道は九十九湾をぐるりと一周する事が出来ます♪

noto-tukumo-1b

noto-tukumo-1c

tukumo-1e

noto-tukumo-1d

九十九湾は大小の入江からなるリアス式海岸で、日本百景の一つに選ばれました。
南北1.5kmの小さな湾ですが、海岸線は13kmに及び、屈折が多く、入り江が九十九あるとして九十九湾の名が付きました。

遊歩道をどこまでも歩いて、九十九湾の周りを1周!なんて意気込んでいましたが、この後に行き先が他にあったので、今回は、途中で断念しました(^.^)

次の夏には、マリンシューズを持って、また遊びに来たいと思います。

私の大好きな場所です。

おすすめ★★★★★(5点)
感想日本百景に選ばれる程、景色がきれない九十九湾。大小の入江からなるリアス式海岸で、その複雑な海岸線には、海の中を渡れる石の遊歩道が出来ています。石の上をピョンピョン渡る姿は、まるで海の中を飛び跳ねている様。透明度100%の海の中を覗くと、小さな海の生き物達を見る事が出来ます。遊びに来た子供達もとっても楽しそう。夏場に是非、足を運んで見て下さい。楽しい体験が出来ます。マリンシューズと着替えをお忘れなく(^.^)近くの「のと海洋ふれあいセンター」では室内で魚に付いて学ぶ事が出来ます。九十九湾をフェリーに乗って景色を堪能する事も出来ます。
住所〒927-0552
石川県鳳珠郡能登町越坂
電話番号0768-62-8532
営業時間無し
定休日無し
駐車場無料駐車場有り。のと海洋ふれあいセンター前駐車場を使用。
トイレ有り(のと海洋ふれあいセンター内と裏の建物)
シャワー有り(のと海洋ふれあいセンター裏の建物。更衣室あり)
必需品マリンシューズ(滑らない履物)・お子様は着替えがあると便利です。
ご注意満ち潮の時は、遊歩道が海の中に入ってしまうので、ご注意下さい。 お子様連れの方は、安全の為に引き潮の時に遊ぶことをお勧めします。
備考ホームページはこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)