宝立七夕キリコまつり(珠洲市)


suzu-houdatu-kiriko-1a

開催日
2016年8月7日(日)
時間
18時半頃~23時過ぎ(花火 22時頃~)
場所
珠洲市 見付海岸(鵜飼海岸)

能登のキリコ祭りを代表する勇壮な祭り

毎年同日8月7日に行われる珠洲市の「宝立七夕キリコまつり」は、能登のキリコ祭りを代表する勇壮な祭りです。約100人の若者に担がれた高さ約14m、重さ2tものキリコ6本と、高さ6mのキリコ2本の計8本が、沖の松明を目指します。

suzu-houdatu-kiriko-1b

suzu-houdatu-kiriko-1c

メイン会場には屋台や休憩所があり、私達家族はご飯を食べながら祭りが始まるのを待つ事にしました。
7時頃くらいでしょうか、遠くの方から大きなキリコがこちらへゆっくりとやって来ました。
大きくて、光に照らされたキリコは遠くからでもその威圧感を感じる事が出来ました。
あまりの迫力に、期待と緊張感が高まります。
ゆっくり時間を掛け、数台のキリコがメイン会場へと集まって来ました。

suzu-houdatu-kiriko-1e

全てのキリコが集まると、そのまま、海へ入って行きます。

suzu-houdatu-kiriko-1f

海の中には松明が煌々と火を放ち、その光をめがけてキリコ達がどんどん沖合へと入って行きます。
まさに、男の祭り!体を張って火をめがけて行く姿には圧巻です。

suzu-houdatu-kiriko-1i

suzu-houdatu-kiriko-1j

suzu-houdatu-kiriko-1h

と同時に、海の方から花火が上がりました。
上に向かって上る花火ではありません。横に向かって咲く花火です。
こんな花火、初めて見ました。キリコと花火とのコラボはとても綺麗で、客席からは歓喜の声と拍手が沸き上がりました。本当にすごかった!感動!

クライマックスまで見たかったけど、寝ちゃった息子を抱っこでの観戦は限界で、最後まで見ずに帰って来ました。
もう一度、絶対!見に行きたいお祭りです。。。


祭り詳細…

開催日:8月7日(毎年同日) 時間 18時30分頃~23時30分頃
場所:見附海岸 22時30分頃海上乱舞
スケジュール参考(若干の変更有)
15:00~開会式 鵜飼駅前広場にて 音楽パレードの開催 駅前→春日野→見付海岸
16:00~キリコ広場ステージにて
・ちびっ子キリコ太鼓 ・よさこい踊り
・宝立キリコ太鼓 ・宝立こまち踊り
16:30~ドリルショー
18:30~七夕まつり 大きりこ運行
19:00 キリコ集合
22:00~大きりこ海中乱舞 花火打ち上げ

観覧について 桟敷席(さじきせき)あり
古代祭祀において神招(お)ぎの場とされた「さずき」が、祭りの見物のために仮説され見物席の称として用いられたと言われています。当地での桟敷席は「4人席」をご用意しております。
一般の場所では見られない桟敷席ならではの大迫力のキリコと海上花火をお楽しみ下さい。
(大変好評をいただいておりますので、お早めにご予約をお願い致します。)

桟敷席のご予約・お問い合わせ
見附島商店会【担当:橋元(橋元酒店)】 TEL:0768-84-1211

suzu-houdatu-kiriko-1g

suzu-houdatu-kiriko-1k


おすすめ★★★★★(5点)
感想毎年同日8月7日に行れ、能登のキリコ祭りを代表する勇壮な祭りです。およそ100人の若者に担がれた高さ約14m、重さ2tものキリコ6本と、高さ6mのキリコ2本の計8本が、沖の松明を目指します。 祭りが絶好調に盛り上がる頃、海から横に向かって上がる花火が祭りを更に盛り上げます。花火は砂浜や地べたに座って見る事になります。敷物があると便利です。
住所〒927-1222
石川県 珠洲市 宝立町鵜飼
電話番号0768-82-7776 珠洲市観光交流課
営業時間キリコが始まる時間:18時半頃~23時過まで
定休日
駐車場有り(無料):見付園地駐車場(約300台)
交通アクセス能越道・能登空港ICより珠洲道路経由・車で約40分/北陸鉄道特急バス停「珠洲鵜飼」徒歩約17分
持って行く途便利な物。砂浜からの花火の観覧になるので敷物があると便利です。
お子様連れ地元の方が多いお祭りなので、Babyや小さなお子様連れの方も沢山いらしゃいました。休憩用のテーブルや椅子が少なく、夜遅くまで続くので、休める簡易椅子や敷物があると便利です。
備考ホームページはこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*